「恬愉」とは、「心にわだかまりを持たないこと」という意味の言葉。そんなわだかまりのない生活を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャワー派の方へ



    暑い日が続きますね、シャワーで済ます方も多いと思いますが、

    最近、お風呂に入っていますか?

    シャワーだと、身体の疲れが残ることがあります。

 
    疲労回復はどうしてできるのでしょうか


    手軽にできる方法、それは入浴です。

    
    体が温まると、心拍数や呼吸数が速くなって血液循環がよくなります。

    そうする事により、血液の中に酸素が多く取り込まれることになり、新陳代謝も活発になります。

    また水の圧力などにより疲労物質である乳酸を速く減少できることになるのです。

  
    このように入浴は肉体的な疲労をとるだけでなく、精神的なリラックス効果も大きいです。

  

     ただし、入浴の効果は人によりさまざまです。

    症状のある人や病気の方は入り方のコツを知っておくことが大切です。

   
 

   42度以下のぬるめのお湯に、夏なら38度程度のお湯に20から30分ゆっくりつかると

   自律神経系の副交感神経を刺激し体の緊張がほぐれ、疲労回復に適しています。


   
   足から徐々に上の方にかけ湯をします。十分にかけ湯をしたら、ゆっくり浴槽に入る。

   肩までつかる全身浴は心臓や肺に負担がかかるので、

胸までつかる半身浴のよい場合もあります。

   基本は下半身が温まると全身の血行がよくなるということです。

  
   お湯につかって軽い運動することで、疲労回復効果が高まります。

   クアハウスや温水プールなどでは水の浮力や粘性を利用した水中運動やリハビリテーションが、

   心肺機能や筋力トレーニングとしての効果を上げています。



   寝る前に「足湯」をするだけでも全身の血行がよくなり、体が温まります。

   「足湯」は洗面器などに43度程度の熱めのお湯を入れ、約10分間足を浸けます。

   入浴する体力のない場合にも適していますね。


   暑い夏は、まだ続きますが、「冷え」でつらい方も多くいます。

   そんな時は、ぜひお風呂でゆっくりしてみてくださいね。

   
   当院では、「冷え症」に対する治療も行っております。

   気になる方はお気軽にどうぞ~


   もう少しすると、夏の疲れが出てくる人が増えます。身体にケアして夏を乗り切りましょう
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。