「恬愉」とは、「心にわだかまりを持たないこと」という意味の言葉。そんなわだかまりのない生活を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お灸で熱中症予防


  毎日、厳しい暑さが続きますね

  ここ数日、金沢でも35℃の日が続いています。

  今年は特に、暑く熱中症の方が増えています。

  
  皆さん、お灸で熱中症を予防できることを知っていましたか
  昨日、「お灸で熱中症予防」の講座に行ってきました。

   講師は、最近話題の「お灸女子」の火付け役で有名な

    セネファ株式会社 せんねん灸GINZAの小泉洋一先生です。
   
          

   なぜ、熱中症予防に効果があるか?
   熱中症とはつまり、体の調整機能が正常に働かなくなることです。

   体温調整機能とは、内蔵の調整機能です。

   冷たいものを摂取することは、

    体温36~37度の中に0度近くまたは、それ以上の温度差があるものを入れるのです。

    当然、それが続くと、体がだるいなどの症状が出てきますね

    この内臓の働きを、「お灸」で改善することが、熱中症を予防することになるのです。   
       
      20130818140417872.jpg←手三里にお灸
    
    冷たいものは、ほどほどにして、

    取りすぎた時には、是非「お灸」をして体を回復させてあげましょう。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。