「恬愉」とは、「心にわだかまりを持たないこと」という意味の言葉。そんなわだかまりのない生活を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛診療ガイドライン



 今日は「大寒」ですね

 今年の金沢は、雪が少なく除雪もほとんど必要ないくらいですね

 今朝は、少し凍った程度でした。寒さも今からが本番です。

  
 
 昨日は、県の講習会に行ってきました。

 今回の講師は、医師会から派遣されました、「杉原整形外科クリニック」の杉原 信先生です。

 私のところのすぐ近くの先生です。

 
  内容は、「腰痛症」について、

 「腰痛診療ガイドライン」に基づきエビデンスと我々が除外する腰痛の判断についてが主な内容でした。


 エビデンスレベルのお話から、グレードの内容は面白かったです。

 何年も前から言われる「心因性腰痛」はグレードAです。

 
 このような、客観的な判断は非常に大切ですね。

 残念ながら、鍼灸・マッサージの論文はまだまだ少ないという事でした。


 
 今の世の中、情報は簡単に手に入ります。

 健康に対する情報もたくさん溢れており、時には間違った情報もあります。

 その中から、正しいものを判断する事が大切です。

 「正しい判断を医療者としてするように」という言葉が非常に心に残りました。


 今回の内容が、今後に生かせるように頑張りたいと思います。

  

 






 
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。