「恬愉」とは、「心にわだかまりを持たないこと」という意味の言葉。そんなわだかまりのない生活を求めて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆子(骨盤位)と鍼灸

   逆子(骨盤位)を戻す方法として、鍼灸は昔から効果があるといわれています。
  
   骨盤位は妊娠中期(16週~27週)ではよくみられますね。この頃はまだまだ、安定していません。
   妊娠の進行に伴い減少し、妊娠末期には単胎妊娠の3~4%となるそうです。

    妊娠後期に入り、29週の86%は戻るそうですが、
    32週になると戻る確率は、50%になってしまいます。
    しかし、鍼灸をした場合には、75%まで治るという報告もあります。 

 
    妊娠後期に入ると、早く戻してあげた方が良いですね。
    赤ちゃんが大きくなると戻りにくくなってしまいますからね。

    安全性についても、1663例の内、不明の278例を除いた
    1382例で重篤な症状は認められないという論文があります。

   
    以前、予定日を過ぎても生まれずに大きくなりすぎて、
    明日には、「帝王出産」になる予定の方に針をした事があります。

    その方の場合は、翌日に陣痛が起こり帝王切開の必要なく、無事に出産した例もあります。
   
    
    安全に出産を迎える身体つくりに「鍼灸マッサージ」はおすすめですよ。
    
    

    
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。